コーヒー豆はどこで買う?【おすすめのコーヒー豆購入先をご紹介!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク



*美味しいコーヒー豆を買おう!*
でもどこで購入するのがおすすめなの?

コーヒー

コーヒー

さぁ、ドリップコーヒーの道具も買ってエスプレッソマシンも揃えた!だけど肝心のコーヒー豆ってどこで買うのが一番いいの?という方は多いはず!

今回は自宅でコーヒーを淹れる際のコーヒー豆の購入について記事にしてみました!

『コーヒー豆を初めて買う方』『買っていたけどなんだかいまいち』と思っていた方、ご参考にどうぞ!

*コーヒー豆って結局何を重視して買うべきなの?*

コーヒー豆

コーヒー豆

しかし、豆選びの際は産地に関してはあまり重要ではなく(味の好みなどには重要だが根本的に美味しいコーヒーを淹れる為には)その銘柄の個性を純粋に選んで楽しんでいただくのが良いかと思います!

本題のコーヒー豆の重要視すべきポイントですが『豆の新鮮度』『焙煎日』の2つがよく取り上げられるので僕がこの2つがコーヒーに与える影響を比較してみました!

=生豆の新鮮度って?=

コーヒー豆

コーヒー豆

豆の新鮮度はつまりこの保管期間なのです!

保管期間が若い(その年に採れた豆)はニュークロップと名称があるなど、何年保管したかでその豆の名称が変わっていきます!

若い豆ほど水分が残り、保管期間が長い豆は逆に水分が少なくなっています。

このらの要素は焙煎に影響を与えると言われており、若い豆ほど水分が多いため焙煎ムラが出やすく、古い豆は逆に焙煎の際、管理がしやすいなど様々な影響を与えます。

他にも若い豆は個性が良い意味でも悪い意味でも出て、古い豆は個性がそこまで突出していないですが、全体的に風味が落ち着き、安定した味になっていると言われています!

=コーヒー豆の焙煎って?=

コーヒー豆

焙煎

『焙煎日』とはその焙煎の日時を指すものでコーヒーを淹れる際、この焙煎日は非常に重要になっていきます!

焙煎の際にコーヒー豆に現れる効果は3つです。

①コーヒーの成分が熱によって風味に変わる
②コーヒーに含まれている油分が表面に出てくる
③焙煎直後からコーヒー豆から炭酸ガスを出し始める。

細かい説明は割愛しますが、この中で美味しいコーヒーを『淹れる』為に重要な要素はズバリ③です!

③の『焙煎直後からコーヒー豆から炭酸ガスを出し始める。』はコーヒーの焙煎直後から起こる現象です。
この要素は厳密に言うと風味とは関係がないのですが、このガスの有無によって抽出の際に美味しく淹れれるかが決まってしまうのです!

例に上げるとハンドドリップの際、スーパーやチェーン店のカフェで買った豆で蒸らした時、豆の膨らみが無かった場合はありませんでしたか?

この膨らみは実はハンドドリップでコーヒーを淹れる際安定したドリップと雑味をフィルタリングする濾過槽の役割をしてくれます。

スーパーやチェーン店のカフェなどで売っている豆は焙煎してから買われずにしばらく置いてあるものが多いので膨らまない(ガスが抜けきっている)場合がおおいのです!

(回転率が高いカフェや入荷したてはガスが抜けきってない場合もあります!)

基本的にはハンドドリップでは焙煎日から2〜3日がベストだと言われています。
逆にエスプレッソマシンでコーヒー豆を使用する場合は焙煎後から2週間ほどと言われています。
(ガスがありすぎるとクレマが異常に分厚くなってしまったり抽出量にブレが出る為)

=生豆の新鮮度VS焙煎日=

vs

vs

生豆の新鮮度ですがこの要素が風味自体に影響を与えるのは確かですが、『美味しく淹れる』ことに対してはさほど影響を与えることはないです。

そもそも焙煎を自分で行う場合に限るので自家焙煎をしてみたい!という方は是非生豆の新鮮度にも気を使っていただけたらいいと思います!

そして豆の焙煎日ですが、前述でも記載したとおり、焙煎をしてから豆の劣化は凄まじいスピードで起こります。
故に焙煎日は非常に気を使わなければいけないので、豆を購入の際は焙煎日が若いものをぜひ選んでください!

『コーヒー豆を購入するときは、焙煎の日時が若いものを選びましょう!』

*時間や場所、新鮮度やコスパで一番いいのは?*
一番のおすすめは通販での購入!


では焙煎日が若い豆をどうやって手に入れるか?

方法としては

①自家焙煎のカフェなどで購入する。
②通販の豆屋さんで購入する。

などがあります!

僕のおすすめは②の通販の豆屋さんで購入することです!

①の自家焙煎のカフェで購入するのも1つの手ですが、近くにそのようなお店がなかったりする方が多いのが現状です。
更に自家焙煎のカフェでも豆を売ることに特化しているわけではないので運営の兼ね合いで買おうとした当日に買いたい豆の銘柄の用意がなかったりしばらく日が経ってしまった豆だったりと安定した焙煎日で購入することが難しいです。

②の通販の豆屋さんで購入する場合、豆屋さんは豆を売ることに特化している為様々な銘柄が好きなときに購入することができます!
通販なので場所も選ばず簡単に注文することも可能ですので労力も少ないといえるでしょう!
更に自家焙煎カフェなどで買うよりも豆が安いケースが多いです!コスパも良ければ更にうれしいですよね!

そして通販の醍醐味はやはり焙煎日の新鮮度!
通販の大体は注文してから豆を焙煎し発送してくださるので豆の膨らみ方がやはり断然違います!
基本的には発送してから1〜2日で到着するのでちょうどハンドドリップに相応しい焙煎日になっているのも特徴です!


*買ったコーヒー豆保存方法は『冷凍庫』で!*

コーヒー豆

コーヒー豆

買った豆の保存方法は様々な意見がありますが、僕は『冷凍庫』での保存をおすすめします!

冷蔵庫という意見もありますが、外で保存するよりは良いですが、湿気が多く豆の劣化がやはり早いのは否めません。
冷凍庫も湿度はあるものの冷凍庫よりも温度が低くガスの放出が比較的穏やかになる為冷蔵庫よりかは劣化を遅らせることができます!

しかし、一番いいのはすぐに使い切ってしまうことなのでできるだけコーヒー豆は早く消費するよう心だけましょう!

『ジップロックなどで小分けにするのもありです!なるべく空気に触れないように保管すると酸化がより防げます!』

*まとめ*

今回は『コーヒー豆ってどこで購入するのが一番いいの?』という題で記事を書かせていただきました!

美味しいコーヒーを淹れる為にはやはり質のいい豆を使うのがマストになりますので是非この記事をご参考に美味しいコーヒーライフを楽しんでみてください!

ではでは今日はこのへんで!

『筆者は通販のメール便を使っています。月額で頼まなくても定期的に送られてくるので便利です!』

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。