まとめ

《2018年決定版》おすすめコーヒーメーカー7選+おまけまとめてみました!

こんにちは!

Coffee Zukanの管理人です!

 

今回は『《2018年決定版》おすすめコーヒーメーカー7選+おまけまとめてみました!』ということで僕がおすすめするコーヒーメーカーをまとめてみました!

コーヒーメーカーっていろんなメーカーや形、機構があってどれがいいのかよくわからないという方も多いはず!

ここではコーヒーメーカーの各種製品のメリットデメリットも踏まえてご紹介して行きたいと思います!

 

ハリオ スマートセブン コーヒーメーカー V60
オートプアオーバー EVS-70B

 

「部屋に置くと案外場所を取ってしまう気がして中々買う気が起きない・・・。」

置いて置くといずれ邪魔になってしまうのではないかとお悩みの方は多いはず!
そんな方にはこの『ハリオ スマートセブン コーヒーメーカー V60オートプアオーバー EVS-70B』がおすすめです!

こちらのコーヒーメーカーは部屋のどこにでもすっきりと収まるコンパクトなデザインを採用しています!
また、スタイリッシュなデザインからはおしゃれな家具の一つとして部屋の雰囲気を崩すことはありません!

 

コンパクトサイズ


インテリア性が高く、置く場所を選ばないコンパクトデザイン。
キッチンにもすっきり収まり、ブラックとシルバーのクールな2トーンカラーから選ぶことができます!
操作はタッチパネル式になっており、より直感的に操作が可能になった次世代コーヒーメーカーです!

 

そして、『ハリオ スマートセブン コーヒーメーカー V60 オートプアオーバー EVS-70B』の最大の特徴は従来のものと違い、温度と湯量》、《ドリップスピード》がコントロールできるところなんです!

簡単な操作でカスタマイズすることができ、有名なバリスタのドリップルーティンをそのまま真似ることもできます!

 

湯温・湯量・スピードをコントロール


コーヒー抽出に重要な3つの要素をカスタマイズ可能。
手軽なオートモードと、こだわりのマイレシピモードから選べる。
例えば忙しい朝にはオートモード、豆に合わせたドリップや新しいレシピにチャレンジしたいときはマイレシピモード。シーンに合わせ、毎日の一杯、特別な一杯を自由にカスタマイズ。

 

どんな、カスタマイズがいいかわからないというからもオートモードが元々の機能として備わっているので知識がなくても安心してお使いいただけます!

しかも、ドリッパーとサーバーがコーヒーメーカーと一体になっていないので毎回洗うことができ衛生面も安心です!

 

 

V60透過ドリッパー


円錐形のドリッパーなので珈琲の層が深く、珈琲粉に注いだお湯が円錐の頂点に向かって流れるので、豆の旨味をしっかりと抽出できる。大きな穴からペーパーの先端が出ることで、注がれたお湯がドリッパーの制限を受ける事なくネルドリップに近い抽出ができる。スパイラルリブでペーパーの密着を防ぎ空気が抜けることで珈琲粉がしっかり膨らむ。

 

(個人的にドリッパーもHARIO V60を採用しているので雑味なども出づらくすっきりとした味わいになるのでおすすめです!)


(コーヒーメーカーも使いつつ、ドリッパーとサーバーはハンドドリップにもお使いいただけるので休日の時間がある時はハンドドリップに挑戦してみるのもいいかもしれませんね!)

 

 

ハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60
透明ブラック EVCM-5TB

ハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60 透明ブラック EVCM-5TBハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60 透明ブラック EVCM-5TB

先ほど、前述した『ハリオ スマートセブン コーヒーメーカー V60オートプアオーバー EVS-70B』の一つ前のモデルとして販売されていたのがこのハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60 透明ブラック EVCM-5TB』です!
(現在も販売中です!)

ハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60 透明ブラック EVCM-5TB』の最大の魅力は特殊な温度調整機構

コーヒーメーカーやハンドドリップの際、コーヒーがぬるいと感じる方は多いはず。
冬場などでは特に温度調整が難しくなるのでぬるいコーヒーでしょうがないというかたも多いのではないでしょうか?

しかし、このハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60 透明ブラック EVCM-5TB』はコーヒーを淹れる際、93度の高温度抽出を行ってくれます!
そのため、淹れたコーヒーがぬるいと感じることはなく温かいコーヒーを安定して飲むことができます!

 

高温抽出93℃

最初の蒸らしから抽出まで一貫して高温を維持する抽出システムにより、最適な抽出温度でのドリップを可能にした。

タンク内の水が循環しながら65℃まで温められた後、ヒーター部を経由し抽出口へ。

抽出口から出るお湯は95℃前後の高温となり、ドリッパー内で93℃前後の適温となる。

高温のお湯でコーヒー粉を約30秒蒸らし、その後約3分間でドリップ完了。

 

更に21穴の抽出口により、コーヒー粉全体に柔らかくお湯をかける機構も採用し、よりHARIO V60ドリッパーの良さを引き出すことができ、口当たりが柔らかなすっきりとした味わいのコーヒーを楽しむことが可能です!

 

21穴抽出口・保温モード

21穴の抽出口により、コーヒー粉全体に柔らかくお湯をかける。(取り外し不可)

抽出完了後はアラームでお知らせ。30分間保温可能。30分を過ぎると自動的に保温ランプが消え、保温モードが終了する。

 

蒸らし機能も高機能で2〜5杯分の量に応じて蒸らしを調整することもできます!
ご家庭で安定した味でハンドドリップの味を楽しみたいならハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60 透明ブラック EVCM-5TB』がおすすめです!

 

 

ドウシシャ コーヒーメーカー
SOLUNA クワトロチョイス

あ ドウシシャ コーヒーメーカー SOLUNA クワトロチョイス ナチュラルウッド QCR-85B(NWH)

ドウシシャ コーヒーメーカー SOLUNA クワトロチョイスはミキサーとコーヒーメーカーが一体となったハイブリット機構の心強いキッチン家電です!

 

僕も一瞬疑問に思ったんですが、
なぜミキサーとコーヒーメーカーを掛け合わせたのか?
なんか不思議だと思った方も多いはずです!

実はミキサーとコーヒーメーカーがかけ合わさったこのマシンではコーヒーベースのフラッペなどがこの一台で作れるんです!

これ一台で様々なメニューに対応できる!これ一台で様々なメニューに対応できる!

 

もちろん普通のホットコーヒーや果物を使ったスムージーも作ることが可能!
(個人的には1台で全てが完結できるところが良いなと思います!)

部分的にパーツも丸洗いが可能!
衛生的にもしっかりとしているので安心です!

 

カラーはホワイト、レッド、ブラックの他にウッド素材の2種類もあります!ビジュアルがやっぱりおしゃれ!!!カラーはホワイト、レッド、ブラックの他にウッド素材の2種類もあります!ビジュアルがやっぱりおしゃれ!!!
ドウシシャ コーヒーメーカー クワトロチョイス ミキサー機能搭載 ホワイト QCR-85A WH

 

そして何と言ってもこのビジュアルがキッチンにあるだけでおしゃれな台所に大変身させてくれます!

家のキッチンにアクセントを加えたい方におすすめなコーヒーメーカーです!

 

 

 

象印 コーヒーメーカー 珈琲通
4杯用 EC-TC40-TA

象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA

まさに大定番という形の象印 コーヒーメーカー 珈琲通4杯用 EC-TC40-TAですが、最大の特徴は価格帯が圧倒的に安いところです!

他の大手有名コーヒーメーカーは安くて5000円〜くらいの価格帯が相場になっていますが、こちらの象印 コーヒーメーカー 珈琲通4杯用 EC-TC40-TAはなんと2000円代という破格のコスパ!

安さゆえに手が出しやすいためか非常に人気のあるコーヒーメーカーになっています。
レビューの数も豊富でほとんどの方が満足されているのもさすが象印といったとこでしょうか。

カルキカット機能がこの価格でついているとは驚きです!こちらは活性炭フィルター。カルキカット機能がこの価格でついているとは驚きです!こちらは活性炭フィルター。

「この価格で?」と感心したのがカルキカット機能。お湯の注ぎ口に浄水フィルターを備えており、コーヒーの風味を劣化させるカルキをカットしてくれるのだ。

https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=10550

そして、この価格帯で驚きのカルキカット機能も付いているという破格のコストパフォーマンス。
活性炭のカルキカットのおかげで水道水の嫌な塩素の匂いなどと取り除き、コーヒーの風味を損なわないようにしてくれる嬉しい機能がこの価格で付いてくるのは驚きです!!

 

結構、ファンも多く2台目もこのマシンを買うかたも多いようです。
やはり安さは正義といったとこでしょうか。笑

とても安く最低限の昨日も揃っているので初めの一台やお試しにコーヒーメーカーをという方はこのマシンがおすすめです!

 

無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1 MUJI

豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1 MUJI

結構メディアからも取り上げられている一台。『無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1 MUJI』はその名の通り豆から挽けるコーヒーメーカーとして名を馳せています。

 

豆から挽けるこちらのコーヒーメーカーはコーヒーを淹れる直前に豆を挽くことでコーヒーの本来の風味や香りを最大限表現することができるようになった一台です。

最近では豆から挽けるマシンも多くなってきましたが無印良品は豆を一定の大きさに挽けるフラットカッターミルを採用することで豆を均一に挽くことができよりコーヒー抽出に安定感を出すことができます。

 

タイマーもセットすることができ、朝の起床時間に合わせてコーヒーを自動抽出してくれるところも嬉しい機能ですね!
ビジュアルも無印良品ならではのシンプルなデザインなのでキッチンにおいてもダイニングにおいても違和感のないコーヒーメーカーです!

 

無印良品ファンの方はもちろんのこと、朝の忙しい時間に美味しいコーヒーを楽しみたいという方におすすめな1台です!

 

 

±0 Coffee Maker 2Cup
プラスマイナスゼロ コーヒーメーカー 2カップ

『±0 Coffee Maker 2Cup』はまさにそのビジュアルの通りシンプルを追求したコーヒーメーカーです。

本来コーヒーメーカーはサーバーに抽出するのが基本的ですが、この『±0 Coffee Maker 2Cup』はマグカップに直接抽出するタイプ

それなら他のコーヒーメーカーでもできるんじゃないか?という方もいらっしゃるかもしれないですが、サーバーに注ぐタイプのコーヒーメーカーは抽出のパワーが強くマグカップに直接抽出するとコーヒーが周りに飛び散ってしまったりと悲惨な状況になってしまいます。

『±0 Coffee Maker 2Cup』は直接マグカップに抽出することができるので洗い物も少なくよりシンプルにコーヒーを楽しむことができます。

ビジュアルも他のコーヒーメーカーに比べコンパクトでかつおしゃれなデザインなのでキッチン以外にも置く場所を選ぶことがないので一人暮らしの方などにはおすすめです!

 

 

APIX 《Drip Meister》
コーヒーメーカー ADM-200-WH

個人的にハンドドリップに元々こだわりのある方はこの『APIX 《Drip Meister》 コーヒーメーカー ADM-200-WH』が大本命というくらいおすすめなんです!
(見た目が結構普通ですが機能はすごい!ハンドドリップ好きなら絶対におすすめです!)

 

さぁ、なぜハンドドリップ好きにおすすめのコーヒーメーカーなのか、そもそもハンドドリップ好きなら自分でハンドドリップしちゃうからコーヒーメーカーなんて買う予定ないよという意見ももちろんあるはず!

しかしこのAPIX 《Drip Meister》 コーヒーメーカー ADM-200-WH』はコーヒーの抽出を今までのコーヒーメーカーとは比べ物にならないクオリティで淹れてくれるんです!

 

ビジュアルもオーガニックな雰囲気でお好きな方も多いはず! ハンドドリップ好きならこの一択です!ビジュアルもオーガニックな雰囲気でお好きな方も多いはず!
ハンドドリップ好きならこの一択です!

 

ハンドドリップを完全再現するためにAPIX 《Drip Meister》 コーヒーメーカー ADM-200-WH』360度回転という独自の構造アイディアを採用しています!

注ぎ口自体がまるでハンドドリップするときのように360度回転し円を描いてくれます。

そのため抽出し終わったドリッパーはハンドドリップで丁寧に淹れた時を同じように綺麗な円状の跡が残ります。

(ドリップした跡ペーパーが見えずしっかりとコーヒー粉の層が残っていると雑味がブロックされ旨味だけを抽出したコーヒーを淹れることができている証拠です!) 
この製品を実際に買った方も自分でハンドドリップするよりも美味しいという方もいらっしゃるほど味に関しては満足度が高いコーヒーメーカーになっています。
抽出し終わったドリッパーはハンドドリップで丁寧に淹れた時を同じように綺麗な円状の跡が残る。抽出し終わったドリッパーはハンドドリップで丁寧に淹れた時を同じように綺麗な円状の跡が残る。
しかし、お湯はこの機械では沸かすことができず沸かしたお湯を注がなければなりませんが、それを差し引いてでもハンドドリップユーザーには既存のコーヒーメーカーより、一手間かけていい味を出す、この『APIX 《Drip Meister》 コーヒーメーカー ADM-200-WH』を選ぶ方が多いようです。
ちなみにドリッパーはKONO式ドリッパーが相性が良いとも言われていますので、すでに持っている方はドリッパーを変えて、試して見てもいいかもしれません。

色々なドリッパーと互換性があるので、すでにご自分で色々なドリッパーを持っている方はこのマシンでドリッパーの飲み比べをして見ても面白いかもですね!
ビジュアルもシンプルなデザインで非常におしゃれです!
取っ手部分などの要所要所にウッド素材を使うことでよりオーガニックな感じを演出してくれます!
コーヒーメーカーでも味にこだわりたい方、ハンドドリップで既にコーヒーをご自分で嗜んでいる方、家のコーヒーのクオリィティをもう一段階アップさせたい方はこのマシンがおすすめです!

おまけ枠:TWINBIRD サイフォン式コーヒーメーカー
CM-D854BR

おまけ枠という形ですが、変わった形のコーヒーメーカーが欲しい方や普通の淹れ方は飽きた!という方におすすめしたいのがサイフォン式のコーヒーメーカー。

サイフォン式はフラスコ内の気圧の変化を利用して湯を移動する仕組みを使ったコーヒー器具のことを指します。

(日本では昔ながらの喫茶店などの古いお店ではこのタイプの抽出方法を使うことが多いです。)

 

サイフォン式は機構が特殊な上に少々手入れなども大変なため家庭用でこのタイプのコーヒーメーカーを使用している方は極わずかです。

しかし味の再現性がよく、香りもしっかりと出るので豆の銘柄にこだわっている方や、とにかく美味しいコーヒーが飲みたいという方はサイフォン式がおすすめです。

 

サイフォン式コーヒーとは

ドリップ式に比べて手作業による抽出ぶれが少ないため味の再現性がよいことと、抽出時にコーヒーの香りが強く出ること、器具の形状や抽出のときの湯の動きから理科の実験を連想させる独特の雰囲気を醸し出すこと、などの特長があり、コーヒー愛好家や一部の喫茶店に用いられている。また抽出器具としては手軽さにおいて劣るため、使用している人口はドリップに比べると少ない。

 

そして今回ご紹介してるこの『TWINBIRD サイフォン式コーヒーメーカーCM-D854BR』はそのサイフォン式の中でも手入れが比較的に簡単で、機構も扱いやすくなっているので初めのサイフォン式コーヒーメーカーとしてはおすすめの1台です。

 

お湯を沸かす過程が電気式になっているため非常に安全になった一台。 サーバーを外すと自動電源オフ、空焚きも防止機能もついていて安全面に気を使ってくれている。お湯を沸かす過程が電気式になっているため非常に安全になった一台。 サーバーを外すと自動電源オフ、空焚きも防止機能もついていて安全面に気を使ってくれているが、サイフォンの伝統的な機構はそのままに本格的な味を楽しめる。

 

ご家庭で昔ながらのサイフォン式でコーヒーを淹れて見たい方や新しい抽出を試して見たい方にぜひ試していただきたいコーヒーメーカーです。

本来サイフォン式はアルコールランプなどの火を使いお湯を沸かすのですが、このマシンはそれを電気で行ってくれるので火事などの心配もなく安全に使用することができます。

また、部分的なパーツもしっかりとサイフォン式コーヒーメーカーを作って長いHARIO製を採用しているのでより本格的なクオリティになっています。

 

 

本体と付属で計量スプ-ン、ろ過器(ろ過布、ろ過布、クサリから構成)、竹べらなどサイフォン式コーヒーを入れる際に必要な器具も一緒についてくるので、すぐにコーヒーを淹れて楽しむことができます!

もちろん淹れ方などは本格的なサイフォン式のままなので、アフターのお手入れや技術も必要になってくる一台です。
それも踏まえてコーヒーを楽しみたい方はこのマシンを試して見てはいかがでしょうか!

 

 

=まとめ=

今回は『《2018年決定版》おすすめコーヒーメーカー7選+おまけまとめてみました!』ということでコーヒーメーカーのご紹介をしていきました!

実際にご購入をご検討されている方などのお助けになれば幸いです。

 

安さ重視、かつ初めて買う一台なら
象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA一択。

 

本格的なハンドドリップの味を楽しみたいなら
APIX 『Drip Meister』 コーヒーメーカー ADM-200-WHハリオ スマートセブン コーヒーメーカー V60オートプアオーバー EVS-70Bハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60 透明ブラック EVCM-5TBをおすすめします。

 

ビジュアルなら
豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1 MUJI
ドウシシャ コーヒーメーカー SOLUNA クワトロチョイス ナチュラルウッド QCR-85B(NWH)±0 Coffee Maker 2Cup プラスマイナスゼロ コーヒーメーカー 2カップ [ ベージュ/XKC-V110(C) ]

のどれかでしょうか。

 

僕は個人的にAPIX 『Drip Meister』 コーヒーメーカー ADM-200-WHがおすすめです。
やはり味に定評がある為、コーヒー本来の力を引き出せるのであれば価格帯も的確だと思いますしベストな選択なのかなと思います。

(余談ですが、さらに個人的にコーヒーの世界にハマりたいならTWINBIRD サイフォン式コーヒーメーカー ブラウン CM-D854BRに手を出して見てもいいかもしれないです!きっとコーヒーの世界から抜け出せなくなります。笑)

 

今回は少し長くなってしまいましたがこのくらいにしておきます。笑
ぜひ、お気に入りのコーヒーメーカーを見つけてコーヒーの魅力にはまっていってください!

 

他のおすすめ記事はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

あわせて読みたい
ドリップスタンド
おうちカフェをもっとオシャレに!ドリップスタンドのおすすめDIYアイデア!こんにちは! 最近、胃痛が酷いCoffee Zukanの管理人です。苦笑 今回は自分のドリップコーヒーライフを華やかにし...
あわせて読みたい
ドリッパー
僕がおすすめする名作コーヒードリッパー5選まとめ*ご家庭でコーヒーを淹れる際のおすすめのドリッパーをまとめてみました!* 今回は僕が使ってみたコーヒードリッパーのおすすめ5選...
あわせて読みたい
《おすすめ厳選》カルディの絶対に買いたいおすすめチョコアイテム7選!こんにちは! Coffee Zukanの管理人です! 今回は『《おすすめ厳選》カルディの絶対に買いたいおすすめチョコアイテム7選...

 

では今回はこの辺で〜!

最後までご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。