コーヒー

僕がおすすめする名作コーヒードリッパー5選まとめ

*ご家庭でコーヒーを淹れる際のおすすめのドリッパーをまとめてみました!*

ドリッパー僕がおすすめする名作コーヒードリッパー5選まとめ

今回は僕が使ってみたコーヒードリッパーのおすすめ5選を選んでみました!

是非、ドリッパー選びに悩んでいる方や、新しいドリッパーや道具を揃えてみたいという方に参考にしていただければと思います。

*HARIO(ハリオ)コーヒードリッパー*

HARIO(ハリオ)コーヒードリッパーは円錐型で1つ穴の形と内側の螺旋状になっている溝が特徴のドリッパーです。

 

ドリップした際はすっきりと雑味が出にくく抽出の際内側の溝のおかげで膨らみがよくガスが抜けやすい構造になっており、蒸らしの工程が非常にしっかりと行えるギミックがあります!
雑味が出づらく、さらに蒸らしも綺麗に行えるので初心者の方や安定したドリップを目指したいという方にはおすすめです!

 

デメリットは抽出口が大きく抽出のスピードがコントロールしづらい為、基本的には水圧をコントロールしてコーヒーを濃く淹れることは難しいです。

安定感はピカイチだと思いますので、「毎日同じ味を飲みたい!」という方はこのドリッパーを選びましょう。

 

*kalita(カリタ)コーヒードリッパー*

kalita(カリタ)コーヒードリッパーは扇型で内側にリブの線がある3つ穴のドリッパーです。

ドリップした際の特徴は3つ穴で安定したスピードで抽出でき、ムラなく旨味成分を引き出すことができます。抽出口が3つで数が多い為、抽出スピードが早く薄めのコーヒーになることが多いですので水圧のコントロールで濃さの調整などをするのは初心者には難しいです。

扇型の形はお湯がハリオのような円錐型とは違いお湯が全体に行き渡りやすく、コーヒー豆との接触面が多い為、豆の本来の味を楽しめる形と言って良いでしょう!

なお、お湯との接触率が多い分、雑味も少なからず抽出されてしまうデメリットもあります。その為、雑味を出さないように抽出時間はあまり長くならないように気をつけましょう!

コーヒー本来の味を楽しみたい方や安定感を重視したい方はカリタでコーヒーを楽しんでみましょう。

 

*Melitta(メリタ)ドリッパー*

Melitta(メリタ)ドリッパー

Melitta(メリタ)ドリッパーは世界で最初のコーヒードリッパーのメーカーです。

そもそもぺーパードリップの技術を編み出したのが、メリタを創業したメリタ・ベンツ夫人だと言われています。夫のために当時コーヒーの粉が混ざってしまう抽出方法を見兼ねたメリタ夫人が息子のノートの紙と穴を開けたブリキ缶でドリップしたことがきっかけのようです。

なお、形とロゴはカリタとよく似ていますが一切関係はないです。

カリタと同じく扇型のドリッパーですが、抽出口が1つである事と内リブが2面だけ付いている違いがあります。

 

そして、メリタドリッパーの最大の特徴の1つ穴ですが、これによってドッリプの抽出量が均等に保たれ安定した抽出を実現することができます。

通常のドリップ方式では、注ぎはじめは抽出スピードが速く、終わりの頃は遅くなります。さらに、3つ穴など抽出口が複数ある場合、抽出が終わりに近づくにつれてコーヒーが流れ出る方向が限られてくるので、ますます抽出時間のコントロールが難しくなります。


メリタのフィルターは、抽出口がひとつだけ開いている「1つ穴」方式なので、正確な時間で抽出されるように計算されています。一度に給湯できるので、何回かに分けてお湯を注ぐ必要はありません。通常のドリップ方式では、注ぎはじめは抽出スピードが速く、終わりの頃は遅くなります。さらに、3つ穴など抽出口が複数ある場合、抽出が終わりに近づくにつれてコーヒーが流れ出る方向が限られてくるので、ますます抽出時間のコントロールが難しくなります。


メリタのフィルターは、抽出口がひとつだけ開いている「1つ穴」方式なので、正確な時間で抽出されるように計算されています。一度に給湯できるので、何回かに分けてお湯を注ぐ必要はありません。

 

抽出方法も他のドリッパーとは異なり、一度にドリッパーに記載されている目盛りまでお湯を注ぐ形式になっています。

この人つ穴のおかげで、毎回湯量と時間は気にすることなくドリップが行えお湯の温度や豆の量、焙煎の度合いなどを調節することによってさらに好みの味を演出できる自由度もあります。

基本的には少量で1人分を抽出することでその真価が発揮されます。多人数を入れようとするとどうしても抽出時間が伸びてしまうので個人的には豆との接触時間が長くなってしまうためあまりお勧めできません。

メリタドリッパーを買うときは1〜2人専用がちょうどいいと考えていただいた方がいいかもしれません。

*KONO式名門ドリッパー*

KONO式名門ドリッパーは他のドリッパーとは違いシンプルな構造をしているのが特徴です。抽出口は1つで内リブが抽出口付近にしかない構造をしています。

 

KONO式名門ドリッパーでドリップした際の特徴はネルドリップに近いと言われます。

ネルドリップはでコーヒーを濾す為、口当たりが柔らかく味に深みを与えることができます。その為、他のペーパードリップのようなすっきりとした味わいではなく、豆の特徴を最大限生かすことができる抽出方法です。

KONO式名門ドリッパーも同じく豆の特徴が表現しやすいドリッパーと言えます。

基本的にはKONO式名門ドリッパーは「点滴抽出」と呼ばれる方法で抽出するのが一般的です。「点滴抽出」は普通のドリップ方法とは違い、非常に長い時間をかけてゆっくりと抽出します。その為、抽出されたコーヒーは濃く、豆の特徴が顕著に出る抽出方法です。

この方法でKONO式名門ドリッパーで抽出したコーヒーは豆の味わいの深み、コクなどがしっかりと出せる為、他のドリッパーでは出せない豆の本来の姿を楽しむ事ができます!

豆本来の味を楽しみたい場合はKONO式名門ドリッパーを使ってみましょう!

しかし、「点滴抽出」は通常のドリップ方法よりも技術がいる為、かなりの練習が必要です。しかし、それも踏まえて『ドリップを極めたい!』という方は迷わずこのドリッパーを選ぶべきでしょう。

*三洋産業フラワードリッパー*


三洋産業が出しているフラワードリッパーはハリオと構造はよく似ていますが、内リブの模様が花のように描かれているのが特徴の1つ穴ドリッパーです。

 

ドリップした際はハリオとよく似ていますが抽出口が少し狭い為、抽出スピードが少し遅いのが特徴です。なので水圧のコントロールによる濃さ調整などがより容易になっています。

ハリオドリッパーと同じく内リブにたくさんの溝がある為、ガスが抜けやすく膨らみが良い為蒸らしの工程が丁寧に行えるのも特徴的です。

少々お値段は他のドリッパーよりも張りますが性能は間違いないので試して見るのも良いかと思います。

*まとめ*

今回はおすすめのドリッパーを代表的なものでまとめてみました!

ドリッパーを買おうと検討されている方はぜひご参考にしてみてください!

 

『筆者はKONO式名門ドリッパーが相棒です。でもたまにkalitaに浮気してます。笑』

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。