まとめ

【永久保存版】おしゃれなおすすめコーヒードリッパー10選まとめ!

こんにちは!

Coffee Zukanの管理人です!

 

前々からコーヒードリッパーのまとめを買いたりしていましたが、なんだかんだ機能面のことだったり、基本的なスタイルのドリッパーのまとめを組んでいたので今回は『おしゃれ枠』でおすすめなドリッパーをまとめて見たいと思います!

(一応おしゃれ枠でまとめていますが、機能性も十分に考慮した上でまとめていきます。ぜひコーヒードリッパーの購入の際に参考にして見てください!)

 

一応、代表的なスタイルが好きな方や本格的にコーヒーを嗜みたい方はこちらのまとめもおすすめです!プロ仕様のものが欲しい方はこちらの記事もチェックして見てください!

 

あわせて読みたい
ドリッパー
僕がおすすめする名作コーヒードリッパー5選まとめ*ご家庭でコーヒーを淹れる際のおすすめのドリッパーをまとめてみました!* 今回は僕が使ってみたコーヒードリッパーのおすすめ5選...

 

では早速ご紹介していきたいと思います!

 

 

 

ドリッパーの起源のブリキ缶を想起させるデザイン!
TSUBAME & Kalita カリタ コーヒードリッパー

 

 

カリタのコーヒードリッパーは台形型のドリッパーが主流ですが、今回ご紹介するこのドリッパーはカリタが独自に開発した、『ウェーブドリッパー』という種類のもの。

フィルターが少し特殊で波状になっており、抽出の際によりコーヒーの風味を鮮明に抽出することが可能です。

 

ウェーブドリッパーはプロも使っているドリッパー。 ドリッパー自体も専用のものを使用しなければならないが非常にデザイン性は秀逸。ウェーブドリッパーはプロも使っているドリッパー。
ドリッパー自体も専用のものを使用しなければならないが非常にデザイン性は秀逸。

 

デザインはコーヒードリッパーの起源とも言われている『ブリキ缶』を思わせるデザインになっています。非常におしゃれ度も高いですし、インテリアの一部としてもあるだけで昔ながらの雰囲気を漂わせてくれるレトロな仕上げになっています。

 

 

ちなみに種類は『ステンレス』、『銅製』、『ガラス製』の3種類があります。

 

 

個人的には少々値が張りますが『銅製』がおすすめです。
銅は熱伝導がしやすい素材なので、温まりやすくコーヒー器具に使われる素材として向いていると言われています。

そのため銅製のドリッパーやポットは非常に性能が良いとされ少々値が張るのが定番です。

 

『ガラス製』は一番このシリーズの中で安いですが、非常にコストパフォーマンスやデザイン性も優れているので、初回の購入でドリッパーのご健闘をされている方なら『ガラス製』でも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

暖かい温もりを感じさせる陶器製ならこれ!
カリタ 陶器製コーヒードリッパー

 

おしゃれなドリッパーをお探しの方におすすめしたいのが『陶器製』のドリッパー。

陶器独特の温かみのある素材感はドリッパーに落とし込んでもその存在感はしっかりと発揮されます。

 

家の食器の素材が陶器が多い方、そもそも陶器製の食器や素材が好きな方にはぜひおすすめしたいドリッパーです。

 

 

 

色は3色あり、ブラウン、ブラック、ホワイトから選べます。

陶器の素材特有の保温力もあるので、プラスチック製のベーシックなドリッパーよりもコーヒーの温度感を下げずに抽出できることもメリットの一つです。

ぜひご検討して見てください。

 

 

 

 

 

根強い人気があるプロ仕様のドリップが行える!
KONO式(コーノ)名門ドリッパー

 

KONO式のドリッパーは多くのコーヒーファンから愛されるプロ仕様のコーヒードリッパーの一つです。

非常にコアなファンも多く、抽出したコーヒーはネルドリップで淹れたかのような印象のコーヒーになると言われています。
(筆者も実際に愛用していますが、非常に良い味を出してくれるドリッパーです。)

 

今回はデザイン性でまとめを作っているのでKONO式の選出理由をあげるとすれば、スタイリッシュなドリッパー自体のデザインとKONO指揮が手がけるドリッパー以外のコーヒー器具のおしゃれさです。

 

コーヒーサーバーなどの器具も出しており、非常にプレゼントとしても秀逸なデザイン性を持っています。元々KONOはサイフォン式を専門に手がけていたメーカーなのでコーヒーサーバーなどにもサイフォンのフォルムを落とし込んだような形状が見られます。

 

 

 

 

デザイン性が秀逸!おしゃれで可愛いドリッパーを探してるならこれ!TORCH トーチ 『マウンテンドリッパー』

 

トーチといえばドーナッツドリッパーを出していたメーカーですが、新しく『マウンテンドリッパー』を出しています。

マウンテンドリッパーは従来のドーナッツドリッパーとは違いフィルターが台形型と円錐型のどちらも使用することができる仕様になっています。

どちらのペーパーフィルターも仕様が可能なので、もともと持っているドリッパーとの併用も可能!どちらのペーパーフィルターも仕様が可能なので、もともと持っているドリッパーとの併用も可能!

 

トーチが手がけるドリッパーももちろんおしゃれですが、もっとスタイリッシュに仕様したいのであればトーチのサーバーも一緒に購入することがおすすめです。

 

 

非常におしゃれな水差しのようなコーヒーサーバーなのでテーブルの上に置いておくだけでおしゃれな雰囲気を出してくれる優秀なアイテムになっています。

 

 

 

 

 

まるで理科室にある機材みたい!
KINTO (キントー)のブリューワースタンドセット

 

KINTO(キントー)が手がける製品はどれもシンプルという印象がぴったりです。

そんなキントーが手がけるドリッパーももちろんシンプル!
芸術的なデザイン性と機能美をしっかりと落とし込んでいます。

(個人的にはミニマリストの家にあるのはこれかケメックスっていう印象。笑)

 

3点揃うと理科室になります。ちなみに計りも下に入れれるように高さ調整もできるんです!3点揃うと理科室になります。ちなみに計りも下に入れれるように高さ調整もできるんです!

 

今回ご紹介しているのはコーヒースタンドとドリッパー、コーヒーサーバーの3点セットの商です。

ドリッパーだけでももちろん良いのですが、専用のコーヒースタンドと理科の実験室のビーカーのようなコーヒーサーバーとのセット感がすごく良い雰囲気だったのでぜひキントーをご検討する際はセットでの購入をおすすめします!

(やはりこういう器具には統一感が重要なんです。KINTOはそれを間違いないって思わせてくれます。笑)

 

 

 

 

ラーメン食べる時のあのレンゲみたいなドリッパー
ZEROJAPAN ドリッパー

ZEROJAPAN ドリッパーS ジーンズブルー BKK-15S JBZEROJAPAN ドリッパーS ジーンズブルー BKK-15S JB

 

まるでラーメンを食べる時のレンゲを思わせるようなデザインのドリッパー。

ZEROJAPANが手がけるコーヒードリッパーはアメリカやヨーロッパで認められた正真正銘のメイドインジャパン製品でその性能は日本製のお墨付きです!

レンゲのようなデザインで海外からの注目が集まりましたが、しっかりとコーヒー抽出においても妥協はなく、より美味しく抽出することができます。

 

さらにベースに窓がありポットやカップの中を確認しながらコーヒーを抽出できる仕様もあるので機能性も抜群!他とは違うおしゃれなドリッパーをお探しなら検討して見てはいかがでしょうか!

カラーデザインも豊富で6種類のカラーバリエーションがあります。

 

 

 

 

ドリッパーとサーバーが一体型!
カラフェタイプの定番はやはりCHEMEX(ケメックス)

 

ドリッパーとコーヒーサーバーが一体になったタイプをカラフェタイプとも呼びますが、その大定番のコーヒードリッパーがCHEMEX(ケメックス)です。

大きさも様々な容量がありますので自宅のコーヒーを飲む人数によって選ぶことができます。

何と言ってもデザイン性が非常に優秀なので、一見するとこれってコーヒードリッパーなの??という驚きもあるのでデザインや家具、食器などにこだわりがある方に非常におすすめしたい製品です。

 

ちなみに注意点としては、コーヒーフィルターのペーパーも専用のものを使わなければいけません。しっかりと専用のペーパーフィルターを買いましょう。

 

 

 

 

少しコアなおしゃれドリッパーならおすすめはこれ!
ONE KILN CERAMICS/COFFEE DRIPPER

 

少しマイナーですが、十分な機能性とデザイン性を持ち合わせているので紹介します。

ONE KILN CERAMICS/COFFEE DRIPPERは非常に形が面白くデザイン性に特化したとも言えるコーヒードリッパーです。

実はこれ鹿児島在住の磁器作家、城戸雄介氏によるコーヒードリッパーで、「ひとつの窯」という意味をもつ、鹿児島の陶磁器工房「ONE KILN ワンキルン」で作成されたドリッパーなんです!

実際にカフェからの注文で製作しているドリッパーなのでコーヒー抽出自体もとても良いクオリティで行うことができます。

 

ちなみにこのトリッパーとセットで使うことが推奨されているコーヒースタンドもかっこいいのでぜひチェックして見てください!

 

 

 

 

コーヒードリッパー界では定番中の定番
HARIO(ハリオ)V60 コーヒードリッパー

 

もはやコーヒードリッパーの中では定番中の定番になったHARIO(ハリオ)のコーヒードリッパーですが、ベーシックなプラスチック製とは違い質感の変化で非常におしゃれな印象にな流のでご紹介したいと思います。

 

まずはステンレス製のハリオドリッパーです。

 

マッドな質感が非常に人気なドリッパーでステンレス製なのでプラスチックよりも劣化せず耐久力が高いという特性も持っているドリッパーです。

そのため野外での使用も可能でアウトドアなどにも使用する人も多いようです。

ちなみにステンレスタイプはカラーが3種類あります。

 

 

 

そして、銅製のハリオドリッパー。 

 

非常に伝統的な雰囲気を出しているドリッパーです。

前に前述した通り、銅は熱伝導が伝わりやすいので本体が温まりやすく非常にコーヒー器具として優秀な製品になっています。

取っ手は銅よりも熱が伝わりにくく耐久性が強い真鍮性でできており機能面でも考えられている商品になっています。

 

 

 

アウトドアにもぴったりなコーヒードリッパー!
スタイリッシュなデザインならMUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip

 

最後にご紹介するのはMUNIEQ(ミュニーク) のTetra Drip というドリッパー。

一見してもとてもスタイリッシュなデザインで目を惹かれること間違いなしのドリッパーです!ちなみに組み立て式で3枚のパネルを組み合わせてドリッパーとして機能するようになっています。

 

収納する際はカードのように持ち歩けてしまう優れもの!収納する際はカードのように持ち歩けてしまう優れもの!

 

まさにアウトドアにぴったりなドリッパーと言えるでしょう!

ちなみに写真はチタン性でできており耐久力など非常に優れているのでガチなアウトドア向きとなっています。

少し下位の製品もあり安く購入もできるのでチェックして見てください!

 

少し前にミュニークについてまとめた記事あります!ぜひどうぞ!

あわせて読みたい
『MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip』は最強の超小型携帯コーヒードリッパー!アウトドアや一人用におすすめ!こんにちは! Coffee Zukanの管理人です! 今回は『MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip』と言...

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか!

今回は【永久保存版】おしゃれなおすすめコーヒードリッパー10選まとめ!ということで『おしゃれ』という部分に重きを置いてまとめを作成して見ました!

随時更新していきたいと思っていますので是非是非おしゃれなコーヒードリッパーをお探しの方は参考にして見てください!

 

関連記事もあります!是非ご覧ください!

あわせて読みたい
ドリッパー
僕がおすすめする名作コーヒードリッパー5選まとめ*ご家庭でコーヒーを淹れる際のおすすめのドリッパーをまとめてみました!* 今回は僕が使ってみたコーヒードリッパーのおすすめ5選...
あわせて読みたい
ドリップコーヒー
ドリップコーヒーを美味しく淹れる5つのポイント!*ドリップコーヒーを淹れる時に何に気をつけたらおいしく淹れれるの?* 手軽にドリップコーヒーをご家庭で淹れている方はたくさんい...
あわせて読みたい
コーヒーが美味しくなるおすすめするコーヒーポット7選+おまけ!《ハンドドリップが捗るドリップポットはこれだ!》こんにちは! Coffee Zukanの管理人です! 今回は『コーヒーが美味しくなるおすすめするコーヒーポット7選+...
あわせて読みたい
コーヒー
明日からおうちカフェ!初心者が揃えるべきコーヒー道具3選!*コーヒーを淹れたいけど道具はなにから揃えたらいいの?* 『コーヒーを自分で淹れてみたい!』 そう思いつつも『なにからや...
あわせて読みたい
《厳選》僕がおすすめするコーヒーミル10選+おまけ(ハンドドリップ好きの為のコーヒーグラインダー!)こんにちは! Coffee Zukanの管理人です! 家でコーヒーを淹れる際に豆を自分で挽きたい!という方も多いはず! ...

 

では今回はこの辺でー!

 

『個人的にMUNIEQ(ミュニーク) のTetra Dripが欲しいっす。アウトドア用に。。』

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。