まとめ

ローソンコーヒーがリニューアル→5つのこだわりを実際に飲んでレビュー!【実飲レビュー】

こんにちは!

Coffee Zukanの管理人です!

 

今回は『ローソンコーヒーがリニューアル→5つのこだわりを実際に飲んでレビュー!【実飲レビュー】』ということで最近リニューアルしたローソンコーヒーの実飲レビューをしていきたいと思います!

(最近のコンビニコーヒーは競争が激化している為か頻繁にリニューアルやコーヒーマシンの新規投入などを行ってますねー。企業努力良き良き)

今回のリニューアルで新たに5つのこだわりが増えたということで公式からの発表もありました!ぜひ、今までの違いを確認してみて上でリニューアルされたローソンコーヒーを楽しんでみてください!

 

リニューアルしたローソンマチカフェコーヒーのお味は?
『新たな5つのこだわり』をご紹介!

それでは早速、ローソンコーヒーが新たに掲げる5つのこだわりをご紹介していきたいと思います。

 

 

①イパネマ農園の熟成豆を使用し、今までの風味からリニューアル!

ブラジルにあるイパネマ農園のパルプドナチュラル熟成豆を使用。
MACHI cafeのコーヒーの大きく変わってた点でもあり、風味のリニューアルが大きく前回のコーヒーと異なっています。

 

②レインフォレスト・アライアンス認証

環境保全や農園労働者の生活向上など、厳しい基準を満たした農園にのみ与えられる認証です。
MACHI cafeは2011年の展開開始当初よりレインフォレスト・アライアンス認証農園産の豆を使いはじめ、2015年より100%を達成しています。

近年フェアトレードなどでコーヒー豆がどのような形で生産されている販売されているかも消費者が注目できるような体制になり、農家の生産者を守る企業努力ですねー!

 

③農園または生産地域100%指定

産地や農園を指定することで、作り手の顔が見える。
それは安全で高品質な味わいをお届けできる証であります。

 

④高圧で一気に抽出する『エスプレッソ抽出』

1杯分、1杯分、淹れたての香りとコクが楽しめます。
挽きたての豆を高圧で一気に淹れるエスプレッソ抽出だから豆本来のうまみを余すことなく味わえます。
ご自宅では再現が難しい深いコクをぜひご堪能ください。

これは前から変わらない『エスプレッソ抽出』を採用しています。

エスプレッソ抽出は味がぶれることが少なく、かつ高濃度で抽出するため、コーヒー本来のフレーバーやボディがしっかりと味わえます。

個人的にはエスプレッソ抽出のコンビニコーヒーの方が安定して美味しいので好きですねー!

 

⑤[新・5焙煎] ブレンドする豆の個性に合わせた焙煎

それぞれのコーヒー豆の特性に合わせた焙煎を行い、それぞれを焙煎してから合わせる「アフターミックス製法」で完成度の高い味を実現しました。

それぞれのコーヒー豆にはそれぞれの良さをさらに引き出す焙煎があります。
手間をおしまず、豆に合わせて繊細に焼き分ける事で、完成した 「新・5焙煎アフターミックス製法」 の味わいをぜひご堪能ください。

焙煎方法を変えることでさらにブレンドのクオリティを上げてきています。

ちなみにブレンドの内容も開示されていたのでご覧ください。

それぞれの豆が持つ「特徴」を最大限に引き出す焙煎方法を採用し、他では味わえない美味しさが実現。

■ブラジル パルプドナチュラル 
深いコクと甘み引き出す深い焙煎
■コロンビア
フルーティーな香りと酸味を引き出す浅めの焙煎
■コロンビア
豊かなコクを生む深い焙煎
■グアテマラ
芳ばしい香りと苦味を引き出す深めの焙煎
■タンザニア・キリマンジャロ
柑橘系のフルーティーな香りを生かす浅めの焙煎

「アフターミックス製法」とは各銘柄のオリジン豆をその豆に合った焙煎度合いで別々にロースティングを行い、後にそれぞれの豆をレシピで決められた比率で混ぜ合わせることでブレンドとして完成させます。

本来のブレンドとは違い、ここの豆の最善の焙煎度合いでブレンドできるので、味の表現力が高まりさらにようブレンドを作ることが可能になっています。

 

 

【実飲レビュー】
リニューアルされたローソンコーヒーを飲んでみました!

【実飲レビュー】 リニューアルされたローソンコーヒーを飲んでみました!
【実飲レビュー】
リニューアルされたローソンコーヒーを飲んでみました!

 

というわけで、リニューアルされたローソンコーヒーを実際に飲んで見ました!

いつも通り率直な感想でいきたいと思いますので、ぜひまだ飲んでいない方は参考にして見てください!

 

しっかりとクレマがたっていてクリーミーな見た目です!見た目はこんな感じ。
しっかりとクレマがたっていてクリーミーな見た目です!

 

結論から言うと今までのローソンコーヒーとはだいぶ風味がリニューアルされています。

風味はだいぶ爽やかな印象に変わっています!
フレーバーがすっきりでかつエスプレッソベースの為ボディの口当たりも薄っぺらくない完成度の高いコーヒーです。

おそらくブレンドのブラジル・パルプドナチュラル熟成豆などがしっかりとリニューアルされた風味を表現してくれているのかと。

あとはブレンドにコロンビアタンザニア・キリマンジャロなどの豆焙煎をあえて浅煎りにし、酸味やすっきりとしたフレーバーを表現しているのも今回の風味の原因の1つでしょう。

 

個人的には『朝に飲みたいコンビニコーヒー』認定ですね。

すっきりしたフレーバーは目が覚めますし、苦みやコクが深い深煎りの焙煎になると少し口の中がモッタリしすぎてしまいますよね。
やっぱりモーニングコーヒーは浅煎りの豆で淹れたすっきりとしたコーヒーがぴったりです!

エスプレッソベースなのでそこまでがっつり浅煎りの酸味がしっかりとしているコーヒーではなく、あくまでも深煎り焙煎で仕上げたブレンドなのであまり酸っぱいのが得意でないコーヒー愛好家の方にもぜひおすすめしたい味になっています。

ぜひ、気になる方は飲んで見てください!

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

今回は『ローソンコーヒーがリニューアル→5つのこだわりを実際に飲んでレビュー!【実飲レビュー】』ということでリニューアルされたローソンコーヒーを実際に飲んでみました!

最近はコンビニコーヒーの競争が激化していることもあり、チェーンのカフェにも負けないくらい美味しいコーヒーに仕上げてきています。

ぜひ、コーヒー好きの方は手軽に楽しめるコンビニコーヒーも自分の好みの味を出しているところを探してみるのもまたいい楽しみ方かもしれませんよ!

 

では今回はこの辺でー!

POSTED COMMENT

  1. […] ローソンコーヒーがリニューアル→5つのこだわりを実際に飲んでレビュー!【実飲レビュー】 […]

  2. […] あわせて読みたいローソンコーヒーがリニューアル→5つのこだわりを実際に飲んでレビュー!【実飲レビュー】今回は『ローソンコーヒーがリニューアル→5つのこだわりを実際に飲 […]

噂の1杯500円の高級コンビニコーヒー!ローソンの『パナマ ベイビーゲイシャ』を飲みに行ってみました!|Coffee Zukan にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。