まとめ

コーヒー抽出の水は軟水or硬水?結論→ドリップなら水道水でもOK

こんにちは!

Coffee Zukanの管理人です!

今回は『コーヒー抽出と水の因果関係』についてご紹介していきたいと思います。

コーヒーを家庭で抽出する際にふと『水は水道水でいいのかな?』と思ったことがある方は多いのではないでしょうか?
結論から言えば、ドリップコーヒーに関しては水道水はOKです。

実は水とコーヒー(お茶や紅茶なども)は深い関係性があり、味に少なからず影響を与えます。そのため、抽出方法によっては水道水ではなく購入した水を使用するのが良い場合もあるのです。

では、水がどんな影響をコーヒーに与えるか解説していきましょう。

 

 

コーヒーは抽出方法によって水の相性が変化!
ドリップコーヒーは軟水、エスプレッソは硬水がおすすめ!

コーヒーは抽出方法によって水の相性が変化! ドリップコーヒーは軟水、エスプレッソは硬水がおすすめ!コーヒーは抽出方法によって水の相性が変化!
ドリップコーヒーは軟水、エスプレッソは硬水がおすすめ!

 

コーヒーは抽出方法によって水の相性の良し悪しが変化します。

一般論からすると基本的にはコーヒーに向いているのは『軟水』です。
これはお茶や紅茶でも同じく言えることで、カルシウムやマグネシウムといったミネラル分が少ない軟水はコーヒーやお茶の本来の味を邪魔しないので忠実に豆の味や葉っぱの風味を表現することができます。

コーヒーに関しては豆本来の味を楽しむ為の飲み方として『ドリップコーヒー』や『ネルドリップ』などの抽出方法は『軟水』との相性が良いと言えます。

 

 

しかし、コーヒーに関しては『硬水』も適した使用方法が存在します。

『硬水』はミネラル分を多く含むため、コーヒー本来の成分と反応し苦味が強くなる傾向があります。

そのため、もともと苦味を強みとして表現する『エスプレッソ』などの抽出方法や、苦味やコクなどが特徴に現れやすい深煎りの豆などの使用の際は『硬水』との相乗効果を楽しむことができます。

 

水には『pH値』というものが存在します。
簡単に説明すると『酸性』か『アルカリ性』の違い

水には『pH値』というものが存在します。 簡単に説明すると『酸性』か『アルカリ性』の違い水には『pH値』というものが存在します。
簡単に説明すると『酸性』か『アルカリ性』の違い

 

水には『軟水』『硬水』の違いに加え、『pH値』というものの違いも存在します。

『pH値』とは簡単にいうとその水が『酸性』か『アルカリ性』かの違いを表すもので、『pH値』の値が7よりも高いとアルカリ性、『pH値』が7よりも低いとその水は酸性という見方をすることができます。

『pH値』はミネラルウォーターでも表記に書いてあることが多く、調べればそれらの『pH値』を確認することができるので参考にしてみてもいいかもしれません。

 

ちなみにコーヒーに与える影響は、『アルカリ性』だとコーヒーが元々『酸性』なので抽出の際にお互いで中和され味がまろやかになり飲みやすくなる傾向があります。

『pH値』が低い『酸性』の水で抽出を行うと『酸性』通しで酸味が助長してしまい、飲みにくくなってしまう場合もあります。

基本的にはコーヒーを抽出する際は『pH値』が7よりも高い『アルカリ性』の水を使用するのが吉です。

 

日本の水道水は『軟水』Ph値は7でアルカリ性!
ドリップコーヒーなどの豆本来の味を楽しむのに最適!

日本の水道水は『軟水』Ph値は7でアルカリ性! ドリップコーヒーなどの豆本来の味を楽しむのに最適!日本の水道水は『軟水』Ph値は7でアルカリ性!
ドリップコーヒーなどの豆本来の味を楽しむのに最適!

 

日本の水道水は前述していますが、コーヒーの抽出に最適な水です。

日本の水道水は『pH値』は7程度、水のタイプの『軟水』で基本的にはコーヒーの味に悪い影響を与えることはありません。

高望みしなければ十分にコーヒー本来の味を発揮してくれる水になっていますので、『水道水は果たしてコーヒー抽出に使っていいのか?』という疑問を持っていた方はぜひそのまま使ってください。

 

余談ですが、水道水をしようする際のポイントをいくつかご紹介します。

①必ず沸騰させて水道水特有のカルキ臭を抜く。

②塩素などの不純物を浄水器で取り除くと好ましい。

ポイントとしては上記の二つです。

①の沸騰は必ず行なってください。
沸騰させることで水道水特有の『カルキ臭』を除去することができます。

水や器具などの残り香は、香りの飲み物であるコーヒーに多大な影響を与えるので、余分な香りはしっかりと排除しておくことが正解です。
器具に関しては匂いが残ってしまうような洗剤は避けましょう。

 

②の浄水器ですが、コストもかかるのでマストではありません。
(沸騰によってカルキ臭などの致命的なものは解決できる為)

ですが、浄水器(蛇口につける活性炭やフィルターでも可)の使用で塩素などの不純物を取り除くことができるのでお財布に余裕があればやってみてもいいかもしれません!

ブリタ 浄水 ポット 1.3L こういうポットタイプのものもあるので試してみてもいいかもしれません。ご飯とかも美味しく炊けます。ブリタ 浄水 ポット 1.3L
こういうポットタイプのものもあるので試してみてもいいかもしれません。ご飯とかも美味しく炊けます。

 

抽出の際と同じく、コーヒーは少しの気遣いで味が大きく変わっていきます。

『水道水、されど水道水!』

コーヒー好きの方は上記のポイントをぜひ試してみてください!

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

今回は『コーヒー抽出の水は軟水or硬水?結論→ドリップなら水道水でもOK』ということでコーヒーの抽出の際の水についてご紹介していきました!

実際にコーヒー抽出の際は水道水でも構いませんが、こだわって最適なミネラルウォーターを探すのもまた面白いです。

個人的にコーヒーにおすすめのミネラルウォーターは

 

ドリップコーヒーなら
『pH値』7.6の硬度38mgの『
クリスタルガイザー』がおすすめです。
基本的に癖がなく、アルカリ性も高いので雑味が少なくなります。
本来の味を楽しむドリップコーヒーには最適。

 

エスプレッソや深煎りの豆を使っているなら
『pH値』7.2の硬度304mgの『evian(エビアン) 』がおすすめです。
硬度が他の海外産のミネラルウォーターよりも比較的低めで、含まれるミネラルもバランス良く日本人でも飲みやすいとされる。
エスプレッソ抽出や深煎り豆の抽出の際に味に変化を加えたいと思ったら使ってみても面白いです。

 

 

コーヒーに関する関連記事はこちらから!

あわせて読みたい
【永久保存版】おしゃれなおすすめコーヒードリッパー10選まとめ!こんにちは! Coffee Zukanの管理人です! 前々からコーヒードリッパーのまとめを買いたりしていましたが、な...
あわせて読みたい
ドリッパー
僕がおすすめする名作コーヒードリッパー5選まとめ*ご家庭でコーヒーを淹れる際のおすすめのドリッパーをまとめてみました!* 今回は僕が使ってみたコーヒードリッパーのおすすめ5選...
あわせて読みたい
ドリップコーヒー
ドリップコーヒーを美味しく淹れる5つのポイント!*ドリップコーヒーを淹れる時に何に気をつけたらおいしく淹れれるの?* 手軽にドリップコーヒーをご家庭で淹れている方はたくさんい...
あわせて読みたい
コーヒーが美味しくなるおすすめするコーヒーポット7選+おまけ!《ハンドドリップが捗るドリップポットはこれだ!》こんにちは! Coffee Zukanの管理人です! 今回は『コーヒーが美味しくなるおすすめするコーヒーポット7選+...
あわせて読みたい
コーヒー
明日からおうちカフェ!初心者が揃えるべきコーヒー道具3選!*コーヒーを淹れたいけど道具はなにから揃えたらいいの?* 『コーヒーを自分で淹れてみたい!』 そう思いつつも『なにからや...
あわせて読みたい
《厳選》僕がおすすめするコーヒーミル10選+おまけ(ハンドドリップ好きの為のコーヒーグラインダー!)こんにちは! Coffee Zukanの管理人です! 家でコーヒーを淹れる際に豆を自分で挽きたい!という方も多いはず! ...

 

では今回はこの辺でー!

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。