コーヒー

コーヒーに合う砂糖の種類について考察!おすすめのコーヒーシュガーまとめ!

みなさんこんにちは!
珈琲図鑑の管理人です。

 

今回はコーヒーに合う砂糖について記事を書いて見ました。

実際僕はブラック派で砂糖もミルクも使わないんですけども・・・。
なんか最近カステラとかのザラメとかお菓子にかかっている砂糖を見て、コーヒーにも合う合わないってやっぱあるよね?多分。
って思い、自分なりに考察してみることにしました。

 

一応、文献や料理本などを参考にまとめていますが、個人的な意見や見解が多いので参考程度にご覧ください。

 

=コーヒーに合う砂糖って?なんぞや?=

砂糖砂糖

 

結論から言うと、コーヒーの風味の邪魔にならないものが一番いいんだと思います。

 

砂糖自体の目的は基本的に甘くすることですが、コーヒーの風味の邪魔をするような香りがついていたり、別の味がするものは避けたほうがいいでしょう。

 

そのため、後述でも書きますがカフェなどで使われる甘味料でもっともポピュラーな砂糖がグラニュー糖なのだと言えます。

癖自体がなく、すっきりとした甘さなので元の飲み物を阻害しないことから後入れの甘味料として優秀な役割を担っています。

 

しかし、余計なものが入っていなければ必ず良いと言うわけでもなく、コーヒーの豆の特徴に合った香りや風味を兼ね備えた砂糖であれば入れることでさらにコーヒーの特性を生かす事ができるのも事実です。

最終的にはコーヒー豆の特徴やドリンクの特徴に見合った最適な砂糖を使用するのがいいのだと思います。

 

 

『結局、コーヒーや砂糖も人付き合いと一緒って事ですわ〜笑』

 

 

=おすすめのコーヒーに合う砂糖の種類まとめ=

グラニュー糖

グラニュー糖グラニュー糖

前述でも書きましたが、グラニュー糖は製菓作りなどにも使用される料理用としては一番ポピュラーな砂糖です。

癖がなく、純粋な甘さが特徴です。
純粋な甘さだけをつける事ができるため、飲み物の特徴を壊す事がありません。
そのため、基本的にカフェなどで取り扱っている砂糖はグラニュー糖のことが多いです。

サラサラとして溶けやすいのも特徴の一つで角砂糖よりも甘さの微調整が容易と言う点でも様々な分野で愛される理由の一つでしょう。

 

角砂糖

角砂糖角砂糖

角砂糖はグラニュー糖を6gほどで四角く固めたものをさします。
近年では3gのものも存在しており使いやすくなっているのも嬉しいですね。

グラニュー糖以外にも三温糖を固めたものもあり形も色々なものがあったりします。
ビジュアル的にも角砂糖はそれだけで机が映えるインテリアのような存在になるのでご家庭でも使われてる方も多く見受けられます。

三温糖

三温糖三温糖

三温糖は低純度で独特の風味がある砂糖の一つです。
三温糖の色はミネラルの色で三温糖内には多くのミネラルが含まれます。

そのため、普通の砂糖よりも体に良いとされており白砂糖(グラニュー糖)の取りすぎによる体温低下、自律神経の乱れなどの予防に三温糖に変える人も多いです。

 

健康により気を使う方にはおすすめですし、何より特有の風味が優しい味なのでそういった風味を目指すのであれば導入しても良いと思います。

 

(個人的には三温糖の風味は大好きです!一度はおためしあれ!)

 

コーヒーシュガー

コーヒーシュガーコーヒーシュガー

コーヒーシュガーはカラメルを加えた砂糖で、茶色のビジュアルはカラメルによるものです。

カラメルのお陰でコーヒーの苦味との相性が良くその調和が楽しめます。
かつ、あまり甘すぎないのでほのかな香りづけとしての役割でも使用していただけます。

ゆっくりと溶けていく特徴も持っているので、そのぶん甘さが飲むにつれて変わっていく変化も面白く楽しむことができます。

 

ザラメ

 

ザラメは結晶が大きい粒嬢の砂糖のことを指します。
結晶化していて粒が大きいので、すぐに溶けないのが特徴です。

種類は下記の2種類を紹介します。

白ザラ糖

白ザラ糖白ザラ糖

白ザラ糖は癖がなく、結晶の大きさ以外はグラニュー糖とほぼ一緒です。

ただ、結晶化しているので溶けが遅くゆっくり溶けていくので甘さの変化を楽しみながら飲んだり、アレンジの一部としてカップの底に溶け残るようにして入れることもします。

 

中ザラ糖

中ザラ糖中ザラ糖

中ザラ糖は三温糖と結晶の大きさ以外ほぼ一緒で、使い方は上記の白ザラ糖を一緒です。

外見は三温糖と同じくミネラルによる茶色の色合いをしていて、風味には特有の独特さがあります。コーヒーとの相性が三温糖と同じく非常によいです。

 

黒砂糖

黒砂糖黒砂糖

 

黒砂糖はサトウキビの絞り汁を煮詰めて作る黒褐色の砂糖です。

沖縄などの離島で生産されているのが有名で、とてもコクのある砂糖です。
砂糖自体に主張が強く正直コーヒーに後付けで入れる甘味料としては不向きです。

しかし、メニューとして黒砂糖を主役に立てていくのであるばレシピに導入しても面白いかなと思います。個性を活かしつつ、相性がいい素材との組み合わせであればコーヒーとの共存も可能です。

 

メイプルシロップ

メイプルシロップメイプルシロップ

 

メイプルシロップも実際コーヒーとの相性は悪くありません。

甘さの度合いとしては甘すぎずほのかに甘くなるような感じです。
甘さよりもメイプルシロップ特有の香りや風味を活かしつつ相性の良さを考えるといいかもしれません。

 

=まとめ=

今回は『コーヒーに合う砂糖の種類について考察!おすすめのコーヒーシュガーまとめ!』と言うことでコーヒーに合う砂糖について考察していきました!

 

いろんな砂糖がありますが改めて砂糖だけにこう言う記事を書いてみるとなんだか勉強になりますね。笑
基本的には僕は砂糖を使わないですが、提供する側としては美味しい1杯のためにこう言うところもこだわっていきたいですねー!

 

今回も最後までご愛読ありがとうございました!

 

 

『人生も砂糖みたいに甘くならないかなー。笑』

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。