まとめ

コーヒーを飲んで健康になろう!コーヒーを飲む適切なタイミング!

こんにちは!
Coffee Zukanの管理人です!

 

今回は『コーヒーを飲んで健康になろう!コーヒーを飲む適切なタイミング!』という題でコーヒをいつに飲むといいのか解説していきたいと思います!

(しかし、コーヒーはカフェインが含まれていますので基本的には飲み過ぎ注意です!妊婦さんや持病持ちの方は飲む量に気をつけてください!)

 

コーヒーって健康にいいの?コーヒーの効能について!

コーヒーの効能コーヒーの効能

 

コーヒーには健康に良い影響を与える面も多くあります!
効能については昔僕が書いた記事をざっくり読んでいただければわかるかなーと。笑

 

*参考記事*

あわせて読みたい
coffee
僕が思うコーヒーを飲む4つのメリット*コーヒーって飲むことによってどんなメリットが得られるの?* コーヒーを飲む方は多いですよね。だけど、コーヒーのメリットってご...

 

主なコーヒーの効能はこれ!

 

①カフェインによる意識覚醒。

②同じくカフェインの効果による胃酸分泌促進。

③ポリフェノールが作用し肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防。

④脂肪分解効果でダイエットに効果大。

 

基本的には、この4つが大きく取り上げられると思います。
では、一つずつ簡単に紹介していきたいと思います!

 

=①カフェインによる意識覚醒=

カフェインによる覚醒効果があるコーヒーカフェインによる覚醒効果があるコーヒー

コーヒーの効能でよく知られているのがカフェインによる意識覚醒効果
これはもうすでに当たり前のように熟知されていることですよね。

コーヒーはこの効果のため、眠い時や集中力を高めたいときに飲まれるのが一般的です。

そのため、そういった用途でコーヒーを飲むのはある意味いいタイミングと言えるかもしれませんね。

 

*参考記事*

http://caffeine.kenkatu.com/entry11.html

=②同じくカフェインの効果による胃酸分泌促進=

胃痛胃酸の分泌促進効果

カフェインの2つ目の効果であまり知られていないのが胃酸の分泌促進効果です。

カフェインには胃酸の分泌を助ける効果があるので、食後にカフェインを摂取すると胃酸がたくさん出ることで消化の手助けになります。

しかし、空腹時にカフェインを摂取すると胃酸の過剰分泌により胃が荒れてしまうことがありカフェインを摂取するときは注意が必要です。

コーヒーも多量のカフェインが含まれている飲み物ですので食後に取るのは吉と言えますが、空腹時や朝早く何も食べずにコーヒーだけというのは胃が荒れてしまうので控えた方が良いでしょう。

 

*参考記事*

https://atz-1.com/?p=2563

=③ポリフェノールが作用し肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防=

ポルフェノールは肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防する働きがある。ポルフェノールは肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防する働きがある。

 

3つ目のコーヒーの効能はポリフェノールによるガン予防効果です。

はっきりとコーヒーを飲んでいればガンの予防ができるとは言い切れませんが、コーヒーによるポルフェノールは肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防する働きがあります。

 

『実はポリフェノールには色々と種類があり、含まれる食材や食べ物ごとに異なった作用があります。』

 

コーヒーの中にはクロロゲン酸』というプリフェノールが含まれており、コーヒー以外にはさつまいもの皮などにも含まれています。
この『クロロゲン酸』は前述でも記述しましたが、細胞の突然変異を防ぐことでがんを予防するとされています。

 

*参考記事*

http://josei-bigaku.jp/suhadabijin86111/

 

=④脂肪分解効果でダイエットに効果大=

コーヒーは新陳代謝が活発になり発汗作用や脂肪の燃焼を助けてくれるコーヒーは新陳代謝が活発になり発汗作用や脂肪の燃焼を助けてくれる

 

脂肪分解効果があるのもコーヒーの効能と言えるでしょう。

コーヒーはカフェインの効果により、新陳代謝が活発になり発汗作用や脂肪の燃焼を助けてくれる働きがあります。

脂肪分解を助ける効果があるため、ウォーキングなどの前などに飲むことで効果的に脂肪燃焼をすることもできます。

 

軽い運動前などにコーヒーを嗜むのも一つのいいタイミングかもしれませんね。

 

*参考記事*

https://microdiet.net/diet/000374.html

 

1 2

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。