まとめ

練乳と飲むベトナム式カフェオレ、ベトナムコーヒーについて考察!なんだかんだMAXCOFFEEとか好きな人は好きだと思う味?!?

こんにちは!
Coffee Zukanの管理人です!

今回は『練乳と飲むベトナム式カフェオレ、ベトナムコーヒーについて考察!なんだかんだMAXCOFFEEとか好きな人は好きだと思う味?!?』という題でベトナムコーヒーについて考察していこうと思います!

(すでに言っちゃってるんですが、練乳と一緒に飲むのがベトナムコーヒーなんです!そして甘い、とにかく甘い。笑)

 

なぜ、こんな感じでベトナムコーヒーに関して記事を書こうと思ったかと言いますと、なんと最近ベトナムコーヒーのコーヒーセットを頂いちゃったのです!

(ベトナムコーヒー専用のドリッパーやカップなど本当に一式いただいちゃいました!笑)

今回僕がいただいたベトナムコーヒー専用のドリッパー。今回僕がいただいたベトナムコーヒー専用のドリッパー。

なんだかんだでベトナムコーヒーって僕もあまり飲んだことないんですよね。
なので記事のネタにするついでに復習しようかなと思ったわけです。笑

では、ベトナムコーヒーの歴史や実際の飲み方、楽しみ方をご紹介していきたいと思います!

 

=ベトナムコーヒーはフランス領時代のベトナム式カフェオレだった!=

=ベトナムコーヒーはフランス領時代のベトナム式カフェオレだった!==ベトナムコーヒーはフランス領時代のベトナム式カフェオレだった!=

ベトナムコーヒーは基本的にはベトナムで飲まれるコーヒーの総称をさします。

(日本では練乳と一緒に飲むコーヒーのことをベトナムコーヒーと認識されますが、ベトナムコーヒーの代表的なメニューというだけで実際はその飲み方もベトナムコーヒーの一部です。)

ベトナム語でコーヒーは、フランス語と同じようにcà phê(カフェ)と呼ぶように、ベトナムでは基本的に植民地支配を受けたフランスの手法を取り入れた飲み方をする。

ベトナムにコーヒーが持ち込まれたのは19世紀で、植民地化とともにコーヒーの栽培も始まった。現在は、アラビカ種も増えているが、地元では初期から栽培されているロブスタ種のコーヒー豆を用いることが多い(生産量世界第2位)。タヌキコーヒーとも呼ばれるコピ・ルアクの豆を用いてもよい。多くはチコリーを加えて、フレンチロースト(深煎り)し、コーヒーミルで粗めに挽く。バターやチョコレートのフレーバーをつけることもある。

ベトナムコーヒーはメニューというよりもベトナムのコーヒー文化の総称という方が正しいかもしれません。

ざっくり言えば、ベトナムでの飲み方は『コーヒーを甘くして飲む』『コーヒーに一手間加える』というスタイルだと思います。

(基本的には何か加えて飲まれることが多いようです。)

 

ちなみにかの有名な練乳と一緒に飲むスタイルはベトナムの代表的なカフェメニュー『cà phê sữa(カフェ・スア)』というメニューから来ています。
代表的なメニューのため、一層甘く飲むというスタイルがベトナムコーヒーの認識を強くしています。

cà phê sữa(カフェ・スア)と呼ぶミルクコーヒーにして飲む飲み方がある。この際、生乳ではなくコンデンスミルクを用いる。また後で加えるのではなく、あらかじめカップの底にコンデンスミルクを底が見えなくなる量敷いておき、その上からコーヒーを淹れ、飲む際にスプーンでかき混ぜる。濃厚で甘く、コーヒーキャンディーをなめている時に近い味を覚える。

実際の味は練乳+コーヒーなのでかなり甘めです。

(上記の通りコーヒーキャンディーを舐めている感覚です。)

 

なので、あの関東圏限定だった『MAXCOFFEE/マックスコーヒー』とか好きな人は多分好きですねー。笑

かつては千葉県・茨城県・栃木県を中心とした地域で限定販売されていた商品でしたが、数年前に関東圏限定にそして最近は全国販売になってました。笑かつては千葉県・茨城県・栃木県を中心とした地域で限定販売されていた商品でしたが、数年前に関東圏限定にそして最近は全国販売になってました。笑

ちなみに『MAXCOFFEE/マックスコーヒー』は関東限定だとか言われてた時代になぜか韓国で売ってたんですよね。笑
(僕が確か高校生になった時にはもうありました。)

ちゃんとジョージアが出していたので、僕自身限定とか思ってなかったです。
(まぁ、産まれも千葉県なので結構懐かしの味だったりしてなのかも。笑)

 

そんでもってベトナムコーヒーの記事とか書いていたりするともしかしてマックスコーヒーってベトナムコーヒーからインスピレーションもらったのかなとか考えるわけです。

 

『ヒット商品を編み出すってすごいなーってマックスコーヒー片手に思うわけです。笑』

『今思っただけですね。笑』

 

1 2

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。